両親など家族の介護をする上で、負担が大きくなるのがベッドから風呂場やトイレなどへの移動などです。数回ならそうでもないでしょうが、やはり毎日の事となると段々と介護する側にも腰などに負担がかかってきてしまいます。そこで便利なのが介護リフトです。介護リフトとは、介護される側が座った姿勢を保つことが困難な場合などにリフトを利用し移乗する事で、介護される側もする側も両方の負担を減らすことができます。更に介護する側の家族と体格差が大きい場合など物理的に移乗が難しいパターンの介護にも、介護リフトは役に立ちます。移乗しやすいだけでなく、気軽に利用できる事でベッドに寝たきりになってしまう時間を減らし、活動の幅を広げる事で介護の状態がそれ以上進まないように、利用者自身のモチベーションをあげる事にも繋がります。

介護リフトの選ぶ際のポイントにすること

実際に介護リフトを導入する場合は、いくつかポイントを押さえておくと失敗がありません。第一に使用する場所によって適切な介護リフトを選ぶ事です。玄関で使用するなら玄関用、浴室での使用であればバスリフトというように専用のリフトがあるので、それを確認してから導入するようにして下さい。更にベッドから車椅子などへの離床を主にするのであれば、設置工事が不要で最も導入しやすい床走行式のリフトが最適です。もう一つ大切なポイントが、介護リフトのスリングシートという吊り具を、利用者の体のサイズにしっかり合わせる事です。これは目視などでおおよそを計るのではなく、専門家にきちんと相談した上で決めるようにしなくては、せっかくの便利なリフトが思わぬ怪我などに繋がってしまう恐れもあるので注意が必要です。

介護リフトの利用でお互いの気持ちにもゆとりが生まれる

上手く利用する事ができれば、介護する側の体力面で大幅に負担が軽減できるだけでなく、介護される側にとってももちろん体にかかる負担を軽減できるのが介護リフトです。しかし軽減できるのは体力の面だけではなく、精神的にも両者に余裕が生まれるというメリットがあります。やはり家族同士とは言っても日に何度も移乗のお願いをするのは心苦しい物で、どうしても我慢してしまう事に繋がります。その結果寝たきりが進んでしまうというような事にもなるので、そういった事になって行かない為にもお互いに気持ちに余裕を持つ事はとても大切で、介護リフトの導入により移乗が楽になるとそういった心の負担も軽くしてくれるというのが、もう一つの大きなメリットであり、もしかすると体力の面で負担を軽減するよりも大きな効果をもたらすかも知れない部分でもあります。