現代の介護の現場において、腰痛問題はとても問題視されています。介助者が腰痛になってしまい、介護を続けることが不可能になってしまうことや、介護の仕事をやめなければいけなくなるなど、その問題点はたくさんあります。介護の現場に介護リフトを設置することによって、その問題がクリアになっていきます。介助者にもメリットがあると同時に、介護される側にもメリットはあります。人の手では安全性が不安視されますが、介護リフトであれば安定して移動を行う事ができますので、介護される側も安心して任せることができるからです。それ以外にも、人の手で介助していた時には移動させることに集中しなければいけなかったのが、リフトの導入によって移動している最中に介護されている人に声をかけてあげるなどのコミュニケーションを取ることができます。

介護リフトを設置することで介助者が助かること

介護リフトは、介護の現場においてとても重要視されています。今までは、力を使った仕事で腰痛問題に悩まされたり、年齢的に体力が続かずに仕事をやめなければいけなかったり、年齢を重ねた人が介護をすることが厳しくなっていったりなどの問題点がありました。介護リフトの導入をすることで、介助者は力仕事から解放されます。また、介助者も介護される側もどちらも安心で安全な生活が出来るようになってきます。自宅でお風呂に入ることや、家族と同じように食卓で食事を摂ることも容易になってきて、コミュニケーションが多く取れるようになります。また、今までは寝たきりでベッドの上から動くことができなかった方も、リフトによって容易に移動が出来るようになります。活動範囲が広がることによりリハビリ効果に繋がったり気持ちが明るくなったりもします。

介護リフトを設置するための条件

介護リフトを導入するに当たっては、条件があります。大切なポイントとしては、介護される方を安全につるすことができるという事と、介助者がリフトの操作を正確に行う事ができるという事です。特に、操作がしっかりと出来ないとせっかくの安全で安心なリフトも、危険な物に変わってきてしまいます。人を吊り上げるスリングは、どのスリングを選ぶかによってリフトをしっかり使いこなせるかが変わってきます。介護される方の体型や、身体の状態に合わせて選びます。また、皮膚が弱い方などでも使う物が変わってきます。他にもリフトを使用する場面、場所でも選ぶタイプは変わります。リフトのスリングには、形や大きさの他に素材などでも選ぶものが変わりますので、自分で選ぶよりも、プロの方に状況をしっかりと説明して選んでもらうことが大切です。