介護リフトは自宅、車、病院、施設など様々な場で活躍する介護用品です。もちろん使われている場所によって形がことなりますが、介護をされる人を、介護をする人が安全に介護できるように作られたリフトで、現在では歩行リハビリのリフトもあるほどです。これは介護される人たちのための道具であると同時に介護する人たちのための道具でもあります。トイレでも入浴でも、またリハビリでも、人間を支えるという事は、非常に重い負担が体にかかります。そこで正しくリフトを利用することで、お互いの負担や万が一を軽減し、介護の助けになるのです。このリフトには様々な形があり、トイレ用やお風呂用だけでなく、首を支える必要のない方向け、全身を支える必要がある方向け、キャスター付きでリフトごと移動も可能なものや、天井やベッドに固定するものなど様々です。

移乗のための介護リフトはどのようなものがあるか

移乗のための介護リフトとは、ベッドから、車いすやトイレなどに乗り移る時に使用するリフトを指します。これも様々なものがあり、ベッドに取り付けられている物や、天井や部屋に固定されている物、移動式のものと様々です。移動式のものはベッドから遠くまでリフトごと移動する場合に使用されます。ベッドから脇に置いてある車いすやポータブルトイレに移動する場合はベッド固定式や据置式線レール型の物を利用することが多いです。またリフトを支える支柱の型だけでなく、介護される方を支えるシートも色々な形があります。これは全身まひなど、自分で首を支えられない方のために全身を覆うものや、下半身が動かない方向けの着脱が素早くできる物などがあります。このシートのことを吊り具と呼んでいます。この吊り具を介護される方に合わせて替えることで、より安全に、より楽に介助することができます。

介護リフトは日頃の点検と正しい使い方で実力を発揮できる

どんなに便利な道具でも正しく使用しなければ、怪我をすることになります。吊り具の装着方法は正しいか、確実に吊り具を支えられているのかを確認することは絶対です。この確認をしてから、人を介助しなければ介護する人も、される人も危険なことになります。また点検も大切です。どんなものも劣化しますし、吊り具は消耗品として使用する物ですから、より劣化が早いものであると認識しなければ危険です。リフトベルトがねじれていて、すり減っている場合、ほつれている場合は交換が必要になります。また日頃から選択の時には、乾燥器を使用しない、漂白剤を使用しないなど気を付けることで、長く安全に使うことができます。また動かしている時にいつもとは違う動きや音がする場合は点検や場合によっては修理が必要になります。介護リフトは正しく丁寧に手入れをすることで、安全に使うことができます。