食事をしたり、お風呂に入ったり、家の中を移動するなど、日常生活を自力で営むことができない方に役立つのが福祉器具の介護リフトです。介護する方にとっては、労力をかけずに持ち上げたり移動したりすることが可能ですし、介護される方にとっては安心感につながります。また、介護する方の身体への負担を軽減することができ、腰痛防止につながります。例えば、天井や壁などにレールを取り付け、レールから吊り下げたリフトに乗って移動することが可能です。部屋を大規模リフォームする必要もありませんし、マンションなどの賃貸でも利用可能です。ベッドから持ち上げる昇降や目的の場所までの移動も電動式で、介護者の負担が少なくてすむのがポイントです。介護される側の方にとっても、傾かずに安定した状態で移動できるのと、介護者の手を患さえないようとの気遣いも軽減されます。

介護者の労力が大幅に軽減できる

介護は大変な作業である、という認識を持っている人が少なくありません。確かに、大人の身体を持ち上げるには、いくら介護のコツがあるとは言え、体力が必要になります。在宅介護の場合、もし介護する家族が腰痛を起こしてしまうと、家族の生活の質だけでなく、介護される側の生活の質も低下されるのは間違いありません、介護リフトには、介護スタッフの労力を軽減してくれるメリットがあります。ベッドに寝ている方を介護する場合、ベッドにリフトを固定して、ベッドの上に持ち上げて移動させることができます。車いすに乗せたり近くにある介護用トイレを使用したりするなど、特定の場所で使用する時に電動で昇降操作が可能で、少ない力で動かすことができるのです。介護される方が布団で寝ている場合は、キャスター付きのリフトも利用することで床から自在に起き上がらせることが可能です。

介護者も介護される側も前向きになれる

介護リフトを導入する場合、家屋のいろいろな個所の天井にレールを固定することができれば、介護される方の移動スペースが広がります。さまざまな生活のシチュエーションに顔を出すことができれば、生活の質が向上するだけでなく、好奇心も高まって寝たきりの状態から解放される可能性もあります。浴室用のリフトもあり、浴槽の天井部分にレールを固定することでお湯にゆっくりと浸かることもできますし、簡易移動が可能なリフトを使用すれば浴室内でシャワーを浴びたり、ドレッサールームでケアしたりすることも可能です。健康な方と同じような毎日の生活が送ることで、メンタル面で楽しく感じられ、はては身体の健康促進も期待できます。介護者にとっては、電動で昇降作業ができる分、腰痛などの危険を軽減でき、介護に対して前向きに取り組みことができるでしょう。