介護をするにあたって一番大変なのは、力と必要とする介護です。何かと言いますと、介護される方は何らかの不自由を持っている筈です。体の不自由や、認知症などによるものかもしれません。自分で立ち上がる事が出来無かったり、歩く事ができなかったりしている場合に、力による介護が必要になります。歩行器を使っていたり、車椅子で移動したり、寝たきりだったりと、その度合いはそれぞれです。介護者はその身体の不自由を補助する為に介護される方を支えます。特に麻痺や脱力があると大変です。体のバランスが取れないので、介護する側がそのバランスも保たなくてはならないからです。施設などで人手が多く確保出来ればいいのですが、多くの場合は人で不足です。そして、自宅での介護となると、それは更に難しくなります。力の負担から解放してくれるのが、介護リフトです。

介護リフトの使い方と介護者の負担軽減

介護リフトにはいくつか種類があります。まずは、天井などにレールを取り付け、それに沿って移動する天井走行リフトです。支柱設置型リフトは、天井や床などに支柱を設置し、それを軸としてアームが回転するタイプです。床走行式リフトは設置工事が不要で、必要な場所まで移動出来る物です。そして自立支援移乗機は、トイレ介助に最適です。これらの介護リフトを使う事で生じるメリットは、どんなものがあるでしょう。まずは介護者の負担軽減です。力を必要とする介護の負担が減るので、腰痛などの軽減に繋がります。介護される側にとっても、トイレや入浴が可能になれば生活の質が向上します。介護は年月が経つにつれ、辛くなってくるものです。介護する側もされる側も、余計な負担が減り快適な生活が送れれば、それに越した事はありません。

おすすめの介護リフトと選び方について

では、どういった介護リフトを選べばいいのでしょう。先述した通り、いくつかの種類があります。その中でも種類が分かれ、様々なリフトが販売されています。まずは、何を目的として使うのかという事を明確にする必要があります。トイレや入浴の介助だけをしたいのに、天井走行リフトを設置しても意味がありません。そして、誰の為に使うのかという事です。施設などでは多数の人に使用する事でしょう。固定式がいいのか移動式がいいのかも、重要です。誰が使うのかも大切になってきます。操作のしやすさは物によって違います。使う人の知識が違えば、使える器具も変わってきます。安全性はもちろんですが、介護される方が恐怖を感じないものがいいですね。今はレンタルも出来ますので、一度使ってみるのが一番です。体験してみて、これでいいのか、他の物がいいのか、見当する事が出来ます。

当社は特定非営利活動法人による2016年の第三者評価にて高評価を頂きました。 移動用リフトは取り付け工事が不要の製品もございますのでご安心いただけます。 かつてない背あげ姿勢を実現した新しい介護ベッドで生活が過ごしやすく変わります。 事前確認をしっかり行ったうえで担当のスタッフが設置いたします。 「楽匠Z」という新たなベッドを利用している方々のお声をHPにてご紹介しております。 何かと便利な介護リフトをお探しならこちらがおすすめです